首イボの原因は代謝が悪かったり、服やアクセサリーとの摩擦によってできることが多い!そんな首イボに悩む女性におすすめの治療法・市販薬をご紹介!

首イボができたときの対処方法はこれだ!しっかりと治療することが大切

隆起したようなイボやシミやそばかすのようなものが首に表れることがあります。首イボに分類されるものであり、加齢によってできることがわかっています。誰にでもできる可能性がありますので、しっかりと対処する方法を知っておくことが大切です。

首の柔らかいところに点々に無数に広がる首イボがあると、年齢を感じさせますし、自分でも首を触る度にざらつきが気になりますよね。たくさんあると手っ取り早く取ってしまいたいと思いますよね。

首イボはどうして増えていくのでしょうか?

首イボの増える原因は、ウィルス性か、加齢に伴うもの、物理的刺激によるものがあります。

始めは数個だけの首イボも、気が付いたら増えていることってありますね。どうして首イボは増えていくのでしょうか。その原因を知ることで、首イボの増加を止めることもできます。

首イボの増える原因は2つあります。それを今回ご紹介します。

ウィルス性の首イボの場合はどんどん増える

首イボにもいくつかの原因があります。

その原因がウィルス性である場合、そのウィルスが健康的な皮膚について、感染して広がることがあります。
そのイボの中には、ウィルスが潜んでいますから、自分で触ったりつぶすのは禁物です。

もしもどんどん広がっていく場合には、ウィルス性を疑って、早めに皮膚科で治療を受ける方がいいでしょう。

抗ウィルス薬を使用したり、首イボをレーザー治療することで増加を止めることができます。

加齢による首イボもだんだんと増えていく

ウィルス性のものは、増えていく速度が速いのですが、加齢によるものもそれよりも遅い速度で増えていきます。

しかしウィルス性のものに比べるとその速度はゆっくりです。しかし加齢により皮膚の新陳代謝が悪くなり、紫外線の刺激などでメラニン色素が蓄積してしまったり、古い角質が蓄積すると首イボは大きくなったり、新しいものが出来たりするのです。そのためにだんだん増えていくのです。

加齢のものは治療の必要もありませんが、もしも審美性の問題で除去したいという場合には、市販の塗り薬や飲み薬で治したり、皮膚科や美容クリニックで治療をすることが可能です。

首イボの周囲の摩擦などの刺激が増えてしまうのも原因の一つ

私たちは年齢を増すごとに皮膚に含まれる水分が少なくなっていきます。

そのため老人は皮膚が乾燥してくるのですね。皮膚が乾燥すると肌のバリア機能が落ちてしまうために肌が傷つきやすい状態です。そしてかゆみなどが発生します。また首というところは、皮膚が薄いところです。そのため掻き毟ったりすると肌が容易に傷つき影響を受けやすいのですね。

掻き毟るということは摩擦が発生するということです。そして摩擦は首イボを増やす原因になるのです。

首イボの種類

首にできやすいイボは、アクロコルドンスキンタッグが多いです。

アクロコルドンは首にできやすいイボであり、小さいことで見落としてしまい、知らないうちに増えていることも多いです。ネックレスが引っ掛かったりにして邪魔になります。

アクロコルドン
引用元:Acrochordon - Wikipedia

スキンタッグはそばかすのように見えることが多く、増殖することが多いです。

良性の腫瘍になり、そのまま放っておくこともできますが、見栄えが悪いですので、治療を望む人も多いです。圧倒的に良性の腫瘍が多いですが、なかにはウィルスによってできることもあります。

尋常性疣贅や扁平疣贅がこれにあたりウィルスになりますので治療が必要です。

病院やクリニックで除去ができる

イボができた場合は、病院やクリニックで除去ができます。

小さい場合はピンセットやメスで切除するだけで済みますが、ほとんどが傷跡を残さないために、液体窒素で死滅させたり、レーザー切除で取り除くことが多いです。

普通の皮膚科でも除去できますが、傷跡が残らないために美容外科クリニックを受診する人も多くなっています。

首イボの治療にはどのようなものがあるか教えて下さい!小さい首イボと大きい首イボの治療方法を紹介します

首イボを治療をするためにはいくつか方法があります。治療するためには自分に合った方法を選択することで大切ですので、参考にしてみてください。

市販薬

ドラッグストアでイボを取るために有効な薬は販売されていますが、首に使ってはいけない薬はあります。つまり、首イボを消すために市販薬を選ぶのは難しいですよね。しかし、通信販売のサイトでは首イボを取ることに効果があることをうたっているサイトは存在します。

価格は手ごろなため、病院で切ることに抵抗があるのならそれらの商品を試してみるといいかもしれません。

小さな首イボと大きな首イボでは治療方法が変わってきます。

小さい首イボを取り除くのでしたら、病院に行けばすぐに対応をしてもらえことがほとんどです。大きな首イボを取り除くのでしたら、後日に予約をして治療をすることになりますのでそれだけ時間はかかるということになります。

小さい首イボ

小さい首イボを取る場合は、比較的簡単で短時間で終わる治療ができます。

・ハサミを使う
ハサミを使って首イボを切り取ることができます。ハサミで切ることを想像すると、痛いとか血が出るのではないかと考えることができますが、実は痛みはなくほとんど血が出ることはありません。

・冷凍して取り除く
首イボに液体窒素をかけて冷凍した状態にして首イボを取る方法になります。-200度の温度で凍らしてから取る方法になるのですが、凍らしているから痛みを感じることはありません。治療をして10日ほどすればかさぶたが取れて目立たなくなります。

大きい首イボ

大きい首イボを取るためには少し手間がかかることになります。

・手術
メスを使って手術をすることになります。首イボを切り取る作業になりますので、痛みを感じるのではないかと思われるかもしれませんが、麻酔を使って手術をすることで痛みを感じることはありません。

・レーザー治療
首イボの部分に麻酔をかけておいてから、レーザーを照射して除去する治療方法です。手術に比べると治療時間は少なくてすみ、傷あとが目立たなくなっています。

市販の薬でも可能

市販の外用薬でも除去に期待できることがありますが、ウィルス性の首イボになると効果が出ないこともあります。素人目では判断が難しいですので、確実に治療を望むのであれば、クリニックを受診しましょう。

予防が大切

できないようにすることが大切です。いろんな要因がありますが、アンチエイジングと保湿が意味ある対策になっています。

首イボができるメカニズムを知り予防をすることで得られるメリット

30歳を超えるあたりから発生することが多いと言われているのが首イボです。誰にでも避けられない問題となり、誰でも当てはまる可能性があります。発生するメカニズムを知り、正しい知識を持って予防しましょう。

首イボができる原因

古い角質がうまく剥がれることができないことで、皮膚と脂肪が隆起し、発生するのが首イボになります。イボといっても数ミリ程度のものであり、隆起したものやソバカスやほくろのようなイボもあります。

古い角質が原因となりますので、根本を突き詰めていけば新陳代謝が低下していることからできやすくなります。

また刺激を加えることでできやすくなることがわかっており、服やアクセサリーによって、特に皮膚や柔らかい首にできやすいです。

イボができた場合は病院やクリニックに行こう

取り除くのが一番手っ取り早い施術方法になります。悪性のものではないことが多く良性になりますが、それでも増殖をしますので、少ないときに取っておいた方が良いです。仮にウイルス性や悪性のものであれば、クリニックでその後の対処もできますので、念のためにできたイボは見てもらった方が良いでしょう。

皮膚科の医師であれば、首イボを見ただけで判別をすることができます。

30歳を過ぎたら首のケアを

加齢が原因になることから、誰にでも発生する可能性があると言えるでしょう。だからこそ30歳を過ぎたあたりからケアをしておいた方が良いです。首イボ予防の専門クリームであれば、予防だけではなく美肌になる成分も含まれていますので、相乗効果を期待することができます。

できにくい体質を目指す

首イボができにくい身体を作ることが大切です。外からだけではなく、内側からアンチエイジングに励むことをおすすめします。

首イボが出来ないようにする予防ってあるのでしょうか?首イボを予防するための注意点

デコルテ部分にイボが出来てしまうのをできれば避けたいものですよね。できてしまってからでは、なかなかそうたやすく悩みを解決しづらいものがあり、それだけストレスを感じてしまうことにもなります。
首イボが出来るのには、それなりの原因があるのでしっかりとした予防を日々行っていくことで発生するのは防げるようになるので試してみましょう。

皮膚の摩擦を出来るだけ減らす

首イボができてしまうのは、原因の一つとして考えられているのが皮膚に対しての持続的な摩擦です。

皮膚が擦れる事が日常的に続いてしまうとダメージを受け続けてしまいます。そのために皮膚にストレスがかかり続けるので細胞がイボを発生させてしまうと考えられています。

摩擦をできるだけ減らすには、普段からボディークリームをこまめに塗るように意識してみましょう。

また、紫外線も目には見えないけれども肌へのダメージはかなりあります。そのためにも、いつの間にか紫外線を浴びてしまったということがないようにUV ケアが出来る化粧品を使うようにするのがおすすめです。

現代では、BBクリームやCCクリームで気軽にカバーできるようになっているので対策しやすいでしょう。

代謝を上げるようにする

若い頃は、自分に首イボができるなんて思いもしなかったという方も大勢いらっしゃいますが、実際に発生してしまう原因として老化もあります。

新陳代謝が悪くなってしまうので肌が思うように修復できないままに蓄積されてしまうことになり発生してしまうのです。そのためには、代謝を高めるために適度な運動や規則正しい生活、十分な睡眠も維持できるようにしましょう。

皮膚の生まれ変わる期間をターンオーバーと言いますが、これも代謝による影響を大きく受けるので実践する価値があります。

このような2つの点を意識して毎日の暮らしを変えて行くことで、首イボの発生を抑えたり遅らせたりすることができるので、すぐにでも実践して行けることばかりですね。

首 イボ kubiibocare.com

公開日:
最終更新日:2016/12/09